2016年01月01日

ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート 2016

 今年もテレビでウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを楽しんだ。マリス・ヤンソンス指揮の今年は、とりわけ面白かったように思う。

1.マリス・ヤンソンスの魅力
 ヤンソンスの指揮の巧みさを存分に味わうことが出来た。「ニューイヤー・コンサートは誰が振っても大差ない」と感じる年もあるが、今年はそうではなかった。じっくりと歌わせながら、ワルツ特有のリズムは印象深く聴かせるヤンソンスの指揮の巧みさが光っていた。それだけではない。ニューイヤー・コンサートでは初めてという曲を半分近く取り上げるというのも、単に「同じ曲の繰り返しではつまらない」というだけではなく、ウィーン・フィルのメンバーをリハーサルから本気にさせるための仕掛けでもあったと思う。
 ニューイヤー・コンサートのプログラムは、ワルツの他、ポルカやギャロップなど様々な曲種で組み立てられているわけだが、ワルツに限定して発言するならば、たっぷりと歌わせるところは歌わせていて、フォルテになって(例えばトロンボーンが入って来て)もじっくりと演奏し続けているところが、余人にはなかなか真似の出来ないところだと思う。また、後半の「皇帝円舞曲」や「美しく青きドナウ」などの「タタタンタンタン」というお決まりのリズムが綺麗に決まっているところなどにも感心した。
 ラデツキー行進曲の後、聴衆が総立ちになっている光景も印象深かった。

2.NHKの中継番組の面白さ
 過去のニューイヤー・コンサートについてのライナー・キュッヘル(元ウィーン・フィルのコンサートマスター)へのインタビューが短いけれども面白かった。共演して印象に残る指揮者を聴かれたキュッヘル氏は、「マゼールのポルカ・マズルカのテンポが絶妙だった」という趣旨の発言をしていた。これは私には予想もつかなかったものだ。(正直に告白すれば、私は「カルロス・クライバーは面白かった」といった発言を期待しながら見ていた。そういう方は少なくなかったに違いない。)拙文を読んでくださっている皆さんの中でも、「ポルカ・マズルカ」のテンポはかくあるべしと持論を展開できる方は少ないに違いない。「ポルカ・マズルカ」というジャンルについて勉強してみたいと思わせる発言だった。

3.ヤンソンスも歳を取った!
 失礼ながらマリス・ヤンソンスも歳をとったものだと感じた。父のアルヴィッド・ヤンソンスの最後の来日を聴いている私は、マリスが、アルヴィッドが亡くなった年齢を既に越えていることに妙な感慨を覚えた。持病を抱えているマリスだが、元気で少しでも長く指揮を続けてくれたらと願う。
posted by 英楽館主 at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサートつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016 謹賀新年

KIMG0887.jpg明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

ここ数年、Blogの更新回数が少なくなっていますが、今年は定期的な更新が出来るようにがんばってみようと思います。
写真は今年も詣に参詣した北野天満宮の今年の絵馬です。

英楽館主
posted by 英楽館主 at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。