2016年03月28日

2016年春 ドイツの旅(6)

002a.jpg005a.jpg004a.jpg006a.jpg008a.jpg010a.jpg
エッセン市立アールト劇場

〈写真解説〉
左上:外景。無駄のない設計だが曲線的なのが面白い。
中央上:ロビー。白を基調とした設計は外景と共通。階段なども広くゆったりと取られている。2階、3階客席の通路の曲線がアクセントになっている。
右上:設計者アールト(1898〜1976)の銅像。フィンランド出身の建築家。エッセンのアールト劇場の完成は1988年で没後の仕事は妻のエリッサに引き継がれましたが、この劇場に来る度にアールトの才能を感じます。
左下:場内の風景。下手側から撮影。左が舞台。右が2階、3階客席。4階は設備だけで客席はありません。シートは青でいかにもドイツらしい無機的な色合いですが、落ち着く空間に仕上がっています。
中央下:地上階のカフェの風景。ドイツの劇場は、エッセンに限らずカフェが広いのは素晴らしいことです。特に終演後にはメロディーを口ずさみにくいような現代作品の場合、幕間にカフェで仲間と語り合う時間は貴重です。2階にメインのカフェがありますが、立ち席が主になっています。
右下:2階カフェの脇から撮影した風景。芝生の向こうに見えるのがエッセンのフィルハーモニー。シューボックス型のコンサートホールです。残念ながら、私はオペラばかり観ていて、フィルハーモニーには足を踏み入れていません。写真中央に縦長の模様が入っているのは、自然採光の窓からの光が反射したものです。

〈本文〉
 今日はエッセンのアールト劇場でマルティヌーの『ギリシャ受難劇』を観ます。このエッセンのアールト劇場は、ドイツに数あるオペラハウスの中でも特に皆さんに御紹介したい劇場の1つです。日本にもこんな劇場があったらと、訪れる度に思います。建築の素晴らしさはもとより、客席数1300という歌手に負担のかかり過ぎない設定が良いのです。日本は最初に採算ありきですから、この座席数の劇場は日生劇場くらいです。日本の歌手が育ちにくい原因の一つはこの座席数にもあると考えています。一方で、新しい劇場ですので、ピットは広く、深さも自在に設定できるようになっています。この劇場、本当にお勧めですよ!
 エッセンはケルンからICやICEで1時間弱、かつては鉄鋼業で栄えた街だと聞きます。新しい劇場であるアールト劇場も既に築25年ですが、ドイツらしい装飾過多ではない設計の中で曲面を多用している点、自然の採光によってロビー空間の居心地が良い点などが特色です。オペラの上演水準も高いことで知られています。かつてはN響によく来演したハインツ・ワルベルク(ヴァルベルク)がGMDを長年務めました。その後、近年では新日本フィルに客演しているヴォルフ・ディーター=ハウシルトがGMDを務めた時に第1カペルマイスターだったのが上岡敏之です。20世紀末から21世紀初頭にかけては長らくシュテファン・ショルテスがGMDを務め、特に後半はインテンダントも兼任していました。私は、ショルテス時代に『ルイーザ・ミラー』『ナクソス島のアリアドネ』『イェヌーファ』『タンホイザー』『薔薇の騎士』を観ており、今回が6回目、久しぶりの来訪です。現在はチェコの俊英トーマス・ネトピルがGMDを務めて新時代を築いています。
 なお、オーケストラ(エッセン・フィルハーモニー)はマーラーの交響曲第6番「悲劇的」を初演した楽団としても知られています。
posted by 英楽館主 at 15:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435793833

この記事へのトラックバック